【番外編②】花粉症の人が食べると食物アレルギーにも!?

2019-05-16

みなさまこんにちは!

 

【2019年の花粉症の記事一覧です。クリックして合わせてご覧ください】

◆今年もやってきた!◆

◆花粉症対策、されていますか?◆

◆え?あの食材も?◆

◆腸内環境を整えて!◆

◆忘れないで、保湿!◆

◆番外編☆記事スタッフが実際に取り入れる乳酸菌紹介◆

 

 

 

さて、みなさまは普段食べているものが、突然アレルギーの原因になるとご存知でしょうか?

よくあるのが、小麦粉です。

食べるのは平気でも、触れるとアレルギー症状が出てしまうということがあるそうです。

乳幼児の離乳食では大丈夫だった人も、起こりうるようです。

 

また、普段は平気でも、体力が落ち、免疫力が下がっているようなタイミングでは、アレルギー反応を引き起こす場合もあるそうです。

 

今回は、食物アレルギーの中でも、花粉症の人が併発しやすいものをご紹介いたします。

 

 

花粉症の方が気を付けておきたい食べ物がございます。

花粉の種類によって、食べ物も違ってきます。

 

…と、その前に。

花粉症の方は、口腔アレルギー症候群でもあることが多いとご存知でしょうか?

花粉症患者は、人口の約3分の1といわれていますが、花粉症患者の内、約10分の1が口腔アレルギー症候群と言われています。

 

今の時期の花粉は2~4月のスギ、3~5月のヒノキです。この花粉にて、花粉症症状の出る方は、トマトが要注意の食べ物となります。

ただし、絶対にダメ!というわけではなく、花粉症患者の内10人に1人の割合でダメのようです。

もし、花粉症症状が重症の方や、1度でもトマトを食べて口腔内がイガイガしたり、違和感を感じたことがある方は、花粉症の時期はトマトの摂取を控えた方が安心です。

 

口腔アレルギー症候群の症状は、唇や口腔内、のどの奥の刺激感、かゆみ、腫れや閉塞感だけでなく、鼻水や結膜の充血、咳や喘息、呼吸困難、腹痛、下痢、蕁麻疹を引き起こす場合もあります。

さらにひどい場合は血圧の急低下やアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

 

花粉症ではない人も、ラテックス過敏症や、食物アレルギーを持っている人、アトピー性皮膚炎や喘息のある人にも起こる可能性があるため、注意が必要です。

 

口腔アレルギー症候群が疑わしいときはまずは病院にて検査をし、原因となるものの特定をしください。

アレルギーの原因となる食べ物に関しては、食べないことが大切です。

食べるのを控えることで、アレルギーの発症を抑えることができます。

また、今までにアレルギー症状がなかった方も、食べたときに口腔内がピリピリしたら、口腔アレルギー症候群の可能性があるため、食べるのを中止してください。

(症状が軽くても食べ続けると、アレルギー物質を体内に蓄積させることになり、重症化してしまうことがあります)

 

なお、自己判断にて、アレルギーの原因となる食べ物を完全に排除するのではなく、医師と相談しながらうまく付き合っていくことが大事のようです。

 

 

 

 

【クリックでチェック!】

◆胃がん危険度チェック表

◆大腸がん危険度チェック表

◆内視鏡検査

 

 

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

Copyright© 村上胃腸内科クリニック|愛媛県松山市 All Rights Reserved.