お願いごと

インフルエンザ その④

2015-11-04

 

みなさんこんにちは!

今回はいきなりの本題です(`・∀・´)ゝ

 

 

実は、インフルエンザ予防接種について、みなさんにご理解とご協力いただきたいことがございます。

 

まずは、ご予約いただいておりましても、通常の診察もしております。

そのため、どうしても検査や診察の患者さまと同じ時間帯になりますとお待ちいただくようになってしまいます。

これは、診察を受けられる方も同じでございます。

お呼びする順番が前後してしまうこともこざいますが、スタッフ全員でみなさまの待ち時間を少しでも減らせるよう努めております。

 

 

次に、10歳未満のお子さまの予防接種をご希望される保護者様、当院は小児科出身者がおりません。

まずは専門である小児科の病院へご連絡くださいますようお願い致します。

動いたり力を入れてしまうととても危険です。

その場合当院での予防接種は中止となる場合があります。

保護者様の責任の下での予防接種となることをご了承ください。

 

 

最後に、当院では、予防接種後30分は何かあってすぐに病院へ連絡の取れるようにしていただくようにお願いしております。

この30分のズレが、すぐに連絡も取れず、病院も閉まりますと、対応にも遅れが生じます。

皆様の安全のためでございます。

それゆえ、ご来院いただくのも、できるだけ早めに(できれば30分前までで)お願いいたします。

初めての方は特に、出来るだけ1時間前にお願いいたしますm(_ _)m

 

 

 

みなさまが院内にて安全に過ごせますよう努めておりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

ちなみに。。。

予防接種のご予約は前日でも構いません☆

診療終了1時間前までのご来院であれば、その日の時間が決まっていないという方も承っております。

(1時間とは、問診票記入、カルテ作成を含みます)

お時間に余裕を持っていらしてください(*´∀`)人(・∀・*)

 

 

 

 

みなさまが健康に過ごせますように

 

お薬手帳について

2014-06-11

 

みなさまこんにちは!

 

さっそくですが、お薬手帳、ご活用いただけておりますか?

(さっそくすぎてすみません)

 

 

めったに病院には行かないなー、とか。

いつも同じ薬だから!という方もいらっしゃると思います。

 

だからこそお持ちいただきたいアイテムでもあります。

 

記憶に新しい東日本大震災でも、お薬手帳があったことで適切な処方ができた、とも聞いたことがあります。

 

いつものお薬、名前が似ていても、全く違うお薬で、全く違った結果になってしまうこともあります。

また、近年は、より効果が出る新薬も出てきており、同じ作用だけど、お薬変えて様子みましょう。となることもありますよね?

 

では、処方薬、市販薬、変わった時のお薬など、覚えていらっしゃいますか?

 

 

 

スタッフRは覚えていません。

アレルギーのお薬は、何年か毎に変えるようにしているため、多いのです(>_<)

他に覚えなきゃならないこともありますので、自分の使う薬について、意識的に覚えようとはしてません(^_^;)

 

 

 

その代わり、お薬手帳を活用し、記録を残しています。

私の代わりに手帳がかなり働いてくれています(笑)

 

持っていてくだされば、病院側で処方薬の記入をいたします。

みなさんは、一冊を全ての医療機関にご持参いただくだけで大丈夫です( •ॢᴗ•ॢ⋈)

(病院毎に分けるとかさばってしまいますからね☆)

 

もちろん、いっぱいになれば2冊目や3冊目ともなります。

 

 

国の機関も、手帳を持つ事を勧めているとのことです。

どうぞご理解とご協力をお願いしますm(_ _)m

 

みなさまの命を守る大切なお薬手帳、最近は様々な柄があり、選ぶ楽しさもご提供できると思います(^^)

 

当クリニックでも現在は貼り付けた写真の中から選んでいただけるようにしております(*^^*)

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rは、先日新たに仲間入りさせた表紙を選びました\(^o^)/

新たに作ろうかな?とお考えの方や、もうすぐなくなるから次のは選んでみようかな?という方も、ぜひご参考にしていただけると嬉しいです!

 

 

それではまた次回(●’◡’●)ノ

Newer Entries »
Copyright© 村上胃腸内科クリニック|愛媛県松山市 All Rights Reserved.