スタッフBlog

【スタッフBlog/色別】意識改革

2020-01-27

みなさまこんにちは!

 

今回は、広い意味での健康につながるお話です。

 

当院が開院するにあたって、松山の地に戻ってまいりました私。

地元での習い事の関係で、自分にしっくりくる色を見つけるために、様々な色を合わせたことがありました。

 

服飾関係の仕事をしていた友人や、美容関係の仕事をしている友人に相談をしていて初めて知った言葉がありました。

『ブルーベース』と、『イエローベース』というものです。

 

6年ほど前にその言葉を知って以降、最近になってこの、パーソナルカラーの『ブルーベース』『イエローベース』に合う色の組み合わせでのメイク用品が売られているのを見かけるようになりました。

 

いわゆる、色白さん、色黒さんという分け方ではなく、唇の色味や、目の色(白目と黒目の感じ)など、何個も質問に答えて行って判断するようで、私の中での最新情報では、ベースカラーに季節(春夏秋冬)が組み合わさり、4種類に分けられるようです。

ちなみに、私は『ブルーベース冬』でした。

※グーグル検索で自分で質問に答えるものでの判断のため、夏か冬かは違うかもしれません。

※ブルーベースは夏と冬、イエローベースは春と秋だそうです。

 

さて。

このベースカラーと四季の組み合わせで分けられたら、それぞれに合った配色があります。

化粧に着目しますと、口紅やチーク、アイシャドウがパッと見てわかる色のあるものだと思います。

同じ赤でも、鮮やかな発色のものと、濁った雰囲気のものなど、微妙な違いとして多数存在します。

 

自分のパーソナルカラーを知って、それに合う色を知ると、今までなんだかしっくりこなかったメイク道具や洋服を整理し仕分けができ、自分に合ったものを選ぶことができ始めました。

 

そうして自分に合ったしっくりくる色でのメイクやコーディネートをすると、以前よりも化粧を楽しめるようになりました。

 

 

 

ぜひ、普段お化粧なさる方、似合う色を知りたい方は、今回ご紹介したパーソナルカラー診断を1度お試しになってみてくださいませ☆

新な発見があるかもしれません。

 

 

 

【お知らせ・お願い】

◆電話再診料について◆

◆受診時のご協力依頼◆

 

 

【クリックでチェック】

◆胃がん危険度チェック表

◆大腸がん危険度チェック表

◆内視鏡検査

 

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

【スタッフBlog/活用しよう!】お薬手帳を持ちましょう☆

2020-01-06

みなさまこんにちは!

 

あけましておめでとうございます。

本年も、村上胃腸内科クリニックをよろしくお願いいたします。

(年末のご挨拶記事を作成しておりましたが、バタバタを通り越して若干記憶がなく、気が付いたら今日になっておりました。申し訳ございません)

 

 

前回、避難グッズのご紹介の中で、お薬手帳を持ち出せるようにとお伝えいたしました。

(こちらの記事です→「備えあれば憂いなし!」

 

なぜ避難する際にお薬手帳が必要か、という部分に着目して今回は書かせていただこうと思います。

 

実は、お薬手帳を推している私ではございますが、以前は持ち歩くことが面倒でした。

ですが、東日本大震災を経験したことをきっかけに、お薬手帳の重要性を認識いたしました。

 

当時の私は通院先も大きな被害がなかったため、特に問題はありませんでしたが、避難した先での薬について取り上げられたニュースを見たのがきっかけです。

内容としましては、内服薬がいつもと違うが普段何を飲んでいるかを覚えておらず、適切な処方ができなかった方がいた一方で、お薬手帳を持っていた方はいつもと同じか、同じ働きをする薬を処方してもらうことが出来た。というものでした。

 

同じ病気に対して処方する薬でも、アレルギーがある場合もありますし、何mgのものを飲んでいるかなども重要です。

適切なものを内服できないことは、命に関わります。

 

もし、患者様が「丸くて、白い、〇〇の病気で出された薬」と教えてくださっても、非常に多くの薬が存在するため、ピンポイントで正解にたどり着くことは非常に困難です。

 

 

当時の記憶を辿りながらなので、印象に残っている情報しか書く事ができませんが、私は震災をきっかけに命を守るためにお薬手帳を活用しよう!と決めました。

 

アレルギーや使用して調子の悪くなった薬剤名などの記載を忘れずにして、今では子供のものも自分たちが使いやすい、また、あると助かる情報を書き込み、カスタマイズしています。

 

 

特に、お子様のお薬手帳に関しては、家族写真と家族の名前、好きなキャラクターの画像などを貼り付けておくと、お子様自身も救助の人も見ることができ、正しい情報を得ることができます。

お子様が写真や画像を見て気持ちが和らぐ・・・とも言われました。

 

写真などは、普段の迷子対策にも応用できるため、ぜひご活用くださいませ☆

 

 

なお、当院にて処方がありました患者様は、お薬手帳を新たに作成することができますので、受付にてお申し出下さいませ。

 

 

さて、最近は、紙媒体のお薬手帳はもちろん、スマホアプリもございます。

(糖尿病手帳や、血圧手帳もアプリがあるようです)

スマホを使っていらっしゃる方は、ダウンロードして、紙媒体のものと併用してみても良いかもしれませんね♪

 

当院では、患者様のカルテに情報を登録する関係もあり、紙媒体のものをお渡ししておりますので、ご了承下さいませ。

 

 

 

【お知らせ・お願い】

◆電話再診について◆

◆ご来院時のお願いごと◆

 

 

【クリックでチェック】

◆胃がん危険度チェック表

◆大腸がん危険度チェック表

◆内視鏡検査

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

【スタッフBlog/備えあれば】中身の入れ替え

2019-12-27

みなさまこんにちは!

 

突然ですが、みなさまは避難グッズの準備はなさっていますか?

 

私は、2011年にあった東日本大震災を当時関東に住んでいた時に経験いたしました。

部屋や勤めていた会社などの被害は大きくはありませんでしたが、県内では計画停電やスーパーなどの入場規制や購入個数の制限などがあり、通勤電車に乗っている時に緊急地震速報が乗客の持つ携帯から鳴り響くことも多々あり、よく電車が止まることも。

 

その経験があったので、少しずつ避難グッズとして細々と買い揃えてきていました。

 

・・・が、子供がうまれ、何が必要なのかわからなくなってしまいました。

 

 

SNSで調べて、必要なものなどを選び、集めてみましたが、いまひとつしっくりきません。

 

 

そんなモヤモヤっとしていた中で、NHKの朝の番組で紹介されていた避難グッズについてご紹介します。

 

それは、つまり!!

『旅行用の準備をして、そこに各々の必要な物を追加しカスタマイズ』とのことでした。

 

1週間分(7泊)旅行に行く準備をして、私の場合では、女性と子供に必要な物を追加、とハッキリとイメージができました。

 

さらに、緊急で持ち出す用のカバン(リュック)、自宅に取りに戻ってから持ち出す物(スーツケース)、普段から持っておく物(マザーズバッグ)のみっつに分けて入れると震災後3日分をすぐに持って出られると、別のSNSで情報を得たので実践してみました。

 

 

子供用には、肌着や洋服類(季節に合わせて準備)、おもちゃ、おやつ、ベビーフード、あとは少し意外かもしれませんがプレイマットを用意しました。

プレイマットがあると、睡眠時もクッションとなり身体の痛みが軽減されます。さらに、おむつ替えなどでも直接床に寝ることがないためオススメとのこと。

 

大人用には各自が必要とするもの(メガネ・常備薬・スマホ充電器・充電コード・保湿クリームなど)を揃え、共通して使うものとして、おしり拭きやタオル類、お薬手帳などを入れました。

 

基本の避難グッズとして紹介されているものの他に、ということで今回は書いておりますので、みなさまも、それぞれに必要な物を書き出して揃えてみてください。

 

定期的に受診し、お薬の処方がある方は、必ずお薬手帳を非難する際に持ち出せるようにしておくことが大切です!

 

 

なお、ベビーフードや、大人用の非常食、備蓄の水など、期限があるものに関しては定期的にチェックし、新しいものを入れ、前のものを食べたりするという循環式にすることで非常食の作り方や味にも慣れることができるとのことでした。

 

 

 

みなさまも、自分用の避難グッズをカスタマイズして揃えてみてくださいませ☆

 

 

 

【お願いごと】

◆受診時、みなさまご協力をお願いいたします◆

◆電話再診料がかかります

 

【お知らせ】

◆年末年始の休診日のご案内◆

 

【クリックでチェック】

◆胃がん危険度チェック表

◆大腸がん危険度チェック表

◆内視鏡検査

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

【スタッフBlog/周年】ありがとうございます

2019-12-16

みなさまこんにちは!

 

本日、12月16日は、村上胃腸内科クリニックのお誕生日です☆

無事に、6周年を迎えることができました!

地域の皆様に寄り添えるクリニックを目指し、お一人お一人へ丁寧な診療を意識しておりますが、行き届かない点もございます中で、当院へ受診してくださる患者様に学ばせていただいております。

学びの機会をいただきまして本当にありがとうございます。

 

7年目も、変化を恐れず、より一層地域の患者様に寄り添い、皆様の健康のため1日1日を大切に過ごしてまいります。

なにとぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

【スタッフBlog/噂の?ジュース】効能効果

2019-12-12

みなさまこんにちは!

 

さっそく前回ご紹介いたしましたバナナジュースにおける、驚くべき効能効果を記事にさせていただきます。

 

まだバナナジュースを作られていらっしゃらないかたや、記事をお読みいただけていない場合は、リンクにて記事に飛べますので、ぜひ併せてお読みいただけると幸いでございます☆

【噂のバナナジュースの記事】

 

 

実感した効能効果を集めました☆

 

①翌日お腹がスッキリ!!

②子供が嫌がらずに服薬できた!

 

 

 

上記の2つがなによりありがたかったです。

 

一つ目に関しては、なかなか自分のタイミングでお手洗いにいけないために便秘気味になった知人にジュースを薦めたところ、飲んだ翌日スッキリ!と報告があり、即効性があるようです。

※その方はどれくらいの量のジュースを飲まれたかは不明ですが、100ccも飲んではいないようでした(家族で分けたそうです)

 

 

そして、服薬については、苦味や独特の香りのする漢方薬についての検証が出来ておりませんが、私は子供に出された内服薬をだいたい1回分のジュースに混ぜましたが、特に不思議そうな顔をすることなく飲んでくれました。

※まだコップ飲みの途中で遊んでしまうため、小さめのコップにカレースプーン1杯分程ずつしか入れないようにしております。その分、何回も飲みたがるため、おかわりを入れるようにしております。

 

完全栄養食と言われているバナナや、子供のお気に入りの果物を入れて、ひんやりしているためか、発熱時に、ご飯は食べなくてもこのジュースは飲んでくれたので、粉薬もシロップも混ぜて渡しましたが、疑われなかったので、味は紛れていたのだと思います。

 

今まで、粉薬が苦手な患者様には、ヨーグルトに混ぜる方法などご紹介してきましたが、もしご家族様にご協力いただけるようでしたら、特製バナナジュースに混ぜる方法もお試しくださいませ☆

 

 

【患者様へのお願いごと】

◆ご来院に関してのお願いごと◆

◆電話再診料がかかります◆

 

 

【お知らせ】

◆年末年始の休診ご案内◆

 

 

【クリックでチェック】

◆胃がん危険度チェック表

◆大腸がん危険度チェック表

◆内視鏡検査

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

【スタッフBlog/アレによく効く】噂のジュース

2019-11-28
  1. みなさまこんにちは!

 

ここ最近は我が家でよく作るメニューと、その効果をご紹介する記事が多いのですが、今回は夕飯メニューからは離れ、今年我が家で大ブームだったジュースをご紹介いたします☆

 

 

 

きっかけは、おなじみのテレビです。

「タピオカブームの次はこれだ!」・・・という内容で様々な商品を紹介していくコーナーを見ていた際に出会いました。

たくさん紹介されていた中で、私はバナナジュースが気になりました。

 

 

今まで作っていたものは、生のバナナと牛乳、氷を入れてミキサーにかけていたため、薄かったが、過熟バナナを冷凍して使用すると氷を入れないので濃いと紹介されていました。

 

我が家には、幸いなことに、離乳食作りのために購入していたブレンダーがあったので、「これは家で作ってみよう!」と思い立ち、その日に家のバナナを冷凍庫に入れました。

 

その後、毎回適当な分量で作っておりましたが、最近やっと使う材料も固定されてきたので、記事でのご紹介がこのタイミングとなりました。

 

 

材料は、

①冷凍バナナ(1/4) ②生のバナナ(3/4) ③カスピ海ヨーグルト(大さじ4) ④酸味のあるヨーグルト(好きなメーカーでOK、大さじ2)

お好みで、⑤冷凍イチゴ ⑥冷凍ブルーベリー ⑦オリゴ糖 をいれるとさっぱりします。

私は、バナナだけの味が少し苦手なので、ベリー系の物を入れています。ジャムを使用しても色が綺麗に仕上がります☆

 

 

この材料をブレンダーで混ぜたら出来上がり!

夏場は、生のバナナの分も冷凍バナナを使用しました。

 

 

こちらのバナナジュースは、子供も喜んで飲んでくれて、さらに、作る際には果物を入れるお手伝いまでしてくれます♪

コップ飲みの練習もあまり積極的にはしていなかったのですが、このジュースをきっかけにとっても上手にコップで飲めるようになった我が家にとってはありがたーいものです(笑)

 

 

次回、このジュースの驚くべき効果をご紹介しますね☆

 

 

【クリックでチェック】

◆胃がん危険度チェック表

◆大腸がん危険度チェック表

◆内視鏡検査

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

【スタッフBlog/必見!】腸内環境を整える①

2019-10-31

みなさまこんにちは!

 

先日、我が家で登場する、たくさんの野菜を入れたミネストローネをご紹介いたしましたが、今回はこのメニューに隠された驚くべき効果をご紹介いたします。

 

その前に、現代人を悩ませる慢性便秘、みなさま何種類に分類されるかご存知でしょうか?

ざっと調べただけでも、9種類に分類されます。

その中で、食事で症状が改善されるのが機能性便秘と呼ばれている便秘です。

 

さて、では食事で改善するためのポイントご紹介いたします。

①水分 ②食物繊維 ③発酵食品・乳製品

大きく分けると上記の3種類となります。

 

 

そのなかでも、食物繊維は2種類に分かれ、便のかさ増し効果のある『不溶性食物繊維』と、便を柔らかくする『水溶性食物繊維』があります。

 

食物繊維を多く含む食材は基本的には『水溶性』も『不溶性』も併せ持っています。

一部の例を挙げると、

穀類、芋類、野菜、果物、きのこ、大豆製品、海藻類が有名です。

 

ですが、便秘が非常に重症の方は、次に挙げる『不溶性』を多く含む食材は摂り過ぎに注意するようにしてください。

その食材は、[大麦・玄米、さつまいも、ごぼう、にんじん、ほうれん草、小松菜]などです。

あくまでも、摂り過ぎないことが重要ですので、食べてはいけないというものではありません。

 

 

もうすでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、先日ご紹介いたしましたミネストローネの中の食材、いま一度おさらいいたしますと、

[レンコン、ごぼう、にんじん、キャベツ、玉ねぎ、しいたけ、エリンギ、えのき、ぶなしめじ、かぼちゃ、ほうれん草、カットトマト缶、コーン缶、大豆(水煮)、ベーコン]

でした。先に書いた一部の例として上げた食材たちと照らし合わせても、半数以上が食物繊維を含む食材となります。

 

この食物繊維たっぷりなミネストローネ、すでに作られた方は、翌日のお通じに食べていない時との違いが現れた!!という方もいらっしゃるかもしれませんね☆

 

 

ちなみに、品数が少ないな、感じる場合は、小鉢で冷奴やひじきなどで数を増やしているのですが、実際食べているとかなりのボリュームなので、よそう量にはお気を付けくださいね。

 

 

 

【お知らせ】

◆2019年インフルエンザ予防接種情報◆

 

 

【クリックでチェック】

◆胃がん危険度チェック表

◆大腸がん危険度チェック表

◆内視鏡検査

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

【スタッフBlog/我が家のメニュー紹介】おいしく野菜をたくさん食べる!

2019-10-17

みなさまこんにちは!

 

10月になってもまだ暑いなー、なんて思っていたのが嘘のように涼しくなりました。

みなさま体調崩されておりませんでしょうか?

 

冷えるなー、でもまだ鍋で温まる程ではないしなー。

と、夕飯のメニューを考えていた時に、出会い、我が家のお気に入りメニューとなった物を今回ご紹介いたします☆

 

ミネストローネなのですが、少し多く作り、翌日に別メニューとして出しております。

 

美味しくできた!と感じた材料は、

レンコン、ごぼう、にんじん、キャベツ、玉ねぎ、しいたけ、エリンギ、えのき、ぶなしめじ、かぼちゃ、ほうれん草、カットトマト缶、コーン缶、大豆(水煮)、ベーコンの計15種の具材です。

 

かぼちゃの大きさに注意が必要ですが、あとは食べやすく切り、圧力鍋で一気に作ります。

 

子供用には柔らかくなった具材をとりわけておき、大人用にあとからコンソメにて味付けを。

ボリュームもあり、食べごたえ抜群です!

 

翌日は、ご飯とピザ用チーズにてリゾット風にして食べたり、カレールーを入れて味を整え直してカレーとして食べたりいたしました。

 

肉じゃがやポトフを翌日にカレーにする感覚で、ガラリと違う物ですが、味が染みており、美味しくいただきました。

 

私は子供も食べられるように材料はやや小さめに切りますが、大きめのゴロゴロ野菜ももう少ししたら作りたいと思います。

 

好き嫌い等の関係で、ミネストローネでよく見かけるセロリは入れておりません。

 

 

みなさまが試されて美味しかった具材がございましたら、ぜひ教えて頂けますと幸いです♪

 

美味しく温かく、たくさんの野菜が食べられるメニューができて幸せです☆

 

 

 

 

【お知らせ】

◆2019年度インフルエンザ予防接種について◆

 

【クリックでチェック】

◆胃がん危険度チェック表

◆大腸がん危険度チェック表

◆内視鏡検査

 

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

【スタッフBlog/食生活】夏バテ対策の夕飯のおかず

2019-08-19

みなさまこんにちは!

 

まだまだ暑い日が続いておりますが、みなさま夏バテなどされていらっしゃらないでしょうか?

 

私は以前、テレビ番組にて、夏バテには生姜焼きが適している!という情報を得ました。

 

しかも、玉ねぎが入っている、定食タイプ(私の中でのイメージです)の生姜焼きです。

 

 

実はこの情報を得る少し前から、実は我が家では生姜焼きは豚肉と玉ねぎが入った物を作っておりました。

作り始めたきっかけは、ただただ玉ねぎが余ってしまっていたからでしたが、今となっては結果オーライです!

 

 

生姜焼きが少し濃い目の味なので、我が家では白ご飯とお吸い物、さっぱり系の副菜(面倒くさいときには生野菜)で味のバランスを取っています。

 

すごく個人的なこだわりポイントは豚肉の焼き方ですが、家族はあまり気付いておりません(笑)

 

 

余談ですが、最近、野菜や肉など、調理の時短のために下準備をしている動画にハマり、ついつい見入ってしまいます。

マネをして私も人参の千切りを先に1~2本分一気に作っておりますが、夕飯作りでの時短になり助かっております。

 

 

 

 

【お知らせ】

◆電話再診について◆

 

【お願い】

◆ご協力をお願いいたします◆

 

 

【クリックでチェック】

◆胃がん危険度チェック表

◆大腸がん危険度チェック表

◆内視鏡検査

 

 

 

みなさまが健康に過ごせますように。。。

【スタッフBlog】ストレス対策はPCとスマホで管理する

2019-08-06

みなさまこんにちは!

 

実は、私、ここ最近物忘れがひどく困っております。

スケジュール帳に予定ややることなどは記載するのですが、24時間常に持ち歩くわけではないためです。

 

手帳に書いて満足してしまい、頭の中からすっかり抜けてしまい、数日見ることができずにいたところ、とある締め切り日まであと1日・・・というギリギリセーフだったこともあります。

 

 

どうしたものか、と対策を考え、出先でも見ることのできるスマホアプリでの管理をまず開始しました。

 

元々、子育ての記録をアプリ主体で行っておりますので、ここにToDoリストを追加して使用することにいたしました。

 

予想よりも、使い勝手も良かったため、日々の家事ストレスの一つ、食事のあれこれについても管理できるように、パソコンとスマホを連動し、エクセル(表計算ソフト)にて管理し始めてから、買い物リストの作成やメニューを考える時間等の削減に成功し、今までよりも家事ストレスが軽減されたような気がしております。

 

もちろん、イレギュラーなことが起きても、サクっとデータを更新するだけなので、イライラも軽減。

 

 

私の性格には合っていたようで、使用前よりは時間的にも少し余裕ができました。

 

 

みなさまがデジタルで管理してらっしゃるオススメなどございましたら、ぜひ教えてくださいませ☆

 

 

 

 

【お知らせ】

◆2019年お盆休み日程発表◆

◆電話再診について◆

 

 

【クリックでチェック】

◆胃がん危険度チェック表

◆大腸がん危険度チェック表

◆内視鏡検査

 

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 村上胃腸内科クリニック|愛媛県松山市 All Rights Reserved.