気になるあの症状

生活習慣病の種類と諸症状

2017-06-18

みなさまこんにちは!

 

今回からは生活習慣病についてお届けいたします。

 

今回は、生活習慣病の大まかな種類と諸症状についてお届けいたします。

 
生活習慣病は、生活習慣の積み重ねによって、
発症・進行すると考えられています。
この生活習慣病を大きく分けると6つになります。

 

6つの病名と、自覚症状を併せて書いていきます。

 

 

①糖尿病
・喉が異常に乾く
・頻尿、尿臭が気になる
・立ちくらみ、手足のしびれ
・皮膚のかゆみ
など

 
②高血圧
・動悸、息切れ
・頭痛、めまい
・耳鳴り
・夜間頻尿
・下肢のむくみ
など。
無症状の場合もあります

 
③脳卒中
・突然意識が朦朧とする
・突然吐き気を伴う頭痛が起きる
・ろれつが回らない
など。
また、脳卒中は一命を取り留めても、
しばしば身体の麻痺や言語障害などの後遺症が残ることが多い。

 
④心疾患
・胸が痛い
・左肩や背中にかけての痛みがある
・不整脈がある
・突然胸やみぞおちを圧迫するような痛みがある
・冷や汗
など

 
⑤肥満
・睡眠時無呼吸症候群
・腰痛、下肢痛
など

 
⑥脂質異常症
ほとんど自覚症状はありません。
そのため、健康診断などの血液検査にて指摘されることがほとんどです。

 

 
次回はそれぞれの病気の特徴をお送りいたします。

 

 

 

胃がん危険度チェック表
大腸がん危険度チェック表
☆内視鏡検査

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

溶連菌感染症の完治の判断

2017-02-24

みなさまこんにちは!

 

今回は溶連菌感染症の完治の判断についてお届けいたします。

 
冬に流行る病気
秋に流行るRSウイルス
RSウイルスの感染経路と潜伏期間
RSウイルスの症状は?
RSウイルス感染症の予防
秋から流行るインフルエンザの特徴と注意点
インフルエンザの予防法
冬に流行る溶連菌感染症の特徴
溶連菌感染症の症状
溶連菌感染症の感染経路
溶連菌感染症の感染期間

 
◆完治の判断は2~3週間!?
「有効な抗生物質を飲むと比較的早く感染力もなくなるし、
熱やのどの症状も改善するから、大丈夫だ」と思った方、
油断は大敵です!
「溶連菌」はきちんと完治しないと、
重大な合併症を引き起こす細菌です。
「溶連菌」を原因とする合併症には、
心臓弁膜に障害などを起こすリウマチ熱や、
血尿やむくみを伴う急性糸球体腎炎(きゅうせいしきゅうたいじんえん)、
全身の皮膚に赤い発しんが現れる猩紅熱(こうしょうこうねつ)などがあります。
熱が下がっても溶連菌が残っていれば再発の恐れがあります。
溶連菌を完全に退治するため、
抗生物質は処方どおりに最後まで(10日~2週間の間)飲むことが重要です。
症状が改善した後も、
2〜3週間後に尿のなかに血液が混じっていないかを検査します。
この検査をもって、
溶連菌感染症が完治できたかどうかわかります。
発症時の症状がおさまった、
抗生物質を飲み終わったからといって自己判断はせず、
必ず発症2~3週間後にも医師の診察を受けましょう。

 
きちんと検査をし、
医師の判断を仰ぐことが大事ですね。

 

 
胃がん危険度チェック表
大腸がん危険度チェック表
☆内視鏡検査

 
みなさまが健康にすごせますように。。。

溶連菌感染症の感染期間

2017-02-21

みなさまこんにちは!

 

今日は溶連菌感染症の感染期間(いつから学校などにいけるのか)と、
溶連菌感染症の治療法をお届けいたします。

 
冬に流行る病気
秋に流行るRSウイルス
RSウイルスの感染経路と潜伏期間
RSウイルスの症状は?
RSウイルス感染症の予防
秋から流行るインフルエンザの特徴と注意点
インフルエンザの予防法
冬に流行る溶連菌感染症の特徴
溶連菌感染症の症状
溶連菌感染症の感染経路

 
◆溶連菌の感染期間
学校保健安全法では第三種(条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる疾患)に位置づけられており、
医療機関の受診日とその翌日は登校・登園できません。
有効な抗生物質を内服後24時間経つと、
感染力はほとんどなくなります。
このころになると解熱することも多く、
全身状態が良好となれば登校・通園が可能となります。
発しんが出ている場合などは、
消えるまで安静にしているのが望ましいです。

 

 

◆溶連菌感染症の治療
水分補給を十分に行うこと、
有効な抗生物質をきちんと飲むことが大切といえます。
食事は消化のよい食べ物にするとよいでしょう。
食べるのがつらいようでしたら、
水分だけでもしっかり摂るように心がけてください。
また、熱が下がってきている時は長湯でなければ、
お風呂(シャワー)に入っても大丈夫です。
ただし、発しんが出ている場合は、
温めるとかゆみが強くなります。
温めすぎないようにすることと、
爪を短めに切って肌をかきすぎて傷をつけないようにするとよいでしょう。

 
食事だけでなく、爪を切るなども必要のようですね。

 
胃がん危険度チェック表
大腸がん危険度チェック表
☆内視鏡検査

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

溶連菌感染症の感染経路

2017-02-15

みなさまこんにちは!

 
今回は溶連菌感染症の感染経路などをお届けいたします。

 
冬に流行る病気
秋に流行るRSウイルス
RSウイルスの感染経路と潜伏期間
RSウイルスの症状は?
RSウイルス感染症の予防
秋から流行るインフルエンザの特徴と注意点
インフルエンザの予防法
冬に流行る溶連菌感染症の特徴
溶連菌感染症の症状

 

 

◆溶連菌感染症の感染経路
・溶連菌感染症にかかった人のせきやくしゃみ、
つばなどのしぶきによっての感染(飛沫感染)
・排出された細菌が手などを介し、
口に入ることによっての感染(経口感染)
感染力は病気のなり始めである急性期に最も強く、
急性期の兄弟間での感染率は25%と報告されています。
(※国立感染症研究所ホームページより)
子どもから子どもへだけではなく、
子どもから抵抗力の低下した大人や妊婦にも感染することがあるので、注意が必要です。

 

 
◆溶連菌感染症の予防法
予防接種はありません。
他の感染症と同じく、手洗い・うがいを徹底しましょう。
飛まつ感染を予防するためには、マスクも有効です。
もし溶連菌感染症にかかってしまった家族がいる場合は、
同じコップや食器を使うことは避けるとよいでしょう。

 

 
ぜひ、国立感染症研究所のホームページも併せて読んでみてください。

 

 
胃がん危険度チェック表
大腸がん危険度チェック表
☆内視鏡検査

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

溶連菌感染症の症状

2017-01-31

みなさまこんにちは!

 

今日は溶連菌感染症の症状をお届けいたします。

 

冬に流行る病気
秋に流行るRSウイルス
RSウイルスの感染経路と潜伏期間
RSウイルスの症状は?
RSウイルス感染症の予防
秋から流行るインフルエンザの特徴と注意点
インフルエンザの予防法
冬に流行る溶連菌感染症の特徴

 

 

◆溶連菌感染症の症状
「A群β型溶連菌」が引き起こすのは、
急性咽頭炎のほか、発熱(38~39度)、
扁桃炎、猩紅熱(しょうこうねつ)、急性糸球体腎炎、
リウマチ熱などさまざまです。
中でも子どもに多い急性咽頭炎は、
通常の風邪よりも熱が高く、
のどの粘膜が赤く腫れて強い痛みを伴うのが特徴であり、
発疹や舌の表面に赤いブツブツができる
「苺舌(いちごじた)」や舌の皮が剥がれるなど、
さまざまな症状が現われます。
扁桃腺が腫れて膿が溜まるのも典型的な症状です。
また、合併症を引き起こしやすい細菌とも言われています。

医師の診察を受け、
処方される抗生物質をきちんと飲むことで、
大半の場合、熱は3〜5日以内に下がりますが、
解熱後約1週間経ってから手足の皮膚がふやけたようにむけてくることがあります。
また、アトピー性皮膚炎のお子さんは病変部に溶連菌が入り込むことで
重症化することがありますので、
注意が必要といえるでしょう。
◆溶連菌感染症の潜伏期間
溶連菌の主な感染経路は「飛沫感染」です。
患者の咳やくしゃみによって菌を含んだ唾液などの飛沫を吸い込むことで、
呼吸器系に感染します。家庭や学校などの集団での感染が多く、
中でも姉妹兄弟は最も感染しやすく約50%、
親子間では約20%との統計があります。
潜伏期間は2~5日で、
多くの場合、発熱、咳、のどの痛みから発症すると言われています。

 

 

 

胃がん危険度チェック表
大腸がん危険度チェック表
☆内視鏡検査

 

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

冬に流行る溶連菌感染症の特徴

2017-01-26

みなさんこんにちは!

 

今回から冬に流行る溶連菌感染症についてお届けいたします。

 
冬に流行る病気
秋に流行るRSウイルス
RSウイルスの感染経路と潜伏期間
RSウイルスの症状は?
RSウイルス感染症の予防
秋から流行るインフルエンザの特徴と注意点
インフルエンザの予防法

 
◆溶連菌感染症とは
溶連菌感染症は、溶連菌に感染して起こります。
溶連菌には健康な体には害のないものから
病原性の強いものまでさまざまな種類があり、
小児科で問題となっているのが咽頭炎を起こす
「A群β型溶連菌」です。
感染しても無症状の場合が多いのが特徴ですが、
実は害毒が強く大きな病気になり易いということでよく知られた細菌です。
溶連菌感染症は子どもの病気というイメージがありますが、
大人の発症もあるので油断は禁物です。

溶連菌は冬と、春から夏にかけての、
年に2回流行のピークがあります。

 

◆溶連菌感染症の特徴
・症状の始まりは38~39度の熱とのどの痛み、
嘔吐から。風邪と症状が似ています。
・溶連菌は別の大きな病気(合併症)の原因になりやすい細菌です。
溶連菌を完全に退治するまで、
10日間~2週間ほど抗生物質を飲み続ける必要があります。
・完治したかどうかは、発症時の症状が改善した2〜3週間後に検査してわかります。
症状がおさまったからといって油断は大敵です!
自己判断ではなく、きちんと医師の診察を受けましょう。

 

◆大人が感染した場合
大人は溶連菌に対する抗体を持っている人が多いため、
感染しても子供のような症状が出ないことが多いようです。
感染しても気づかない「無症状感染者」が多いのが特徴です。
しかし、発症すると子供よりも症状が重かったり、
重症化して死亡する割合が高いとされているので、
溶連菌感染症の症状が出たら、
すぐに医療機関を受診し治療を始めるようにしましょう。

 

 
胃がん危険度チェック表
大腸がん危険度チェック表
☆内視鏡検査

 

 
みなさまが健康にすごせますように。。。

ノロウイスルの予防と対策②

2017-01-17

みなさまこんにちは!
今日はノロウイルスの予防と対策第二弾でございます。

 
冬に流行る病気
秋に流行るRSウイルス
RSウイルスの感染経路と潜伏期間
RSウイルスの症状は?
RSウイルス感染症の予防
秋から流行るインフルエンザの特徴と注意点
インフルエンザの予防法
冬に流行るノロウイルス
ノロウイルスの流行時期はなぜ冬なのか
ノロウイルスの予防対策①

 

 

◆適切な吐瀉物などの処理
ノロウイルスにおける嘔吐物や汚物の処理には、
正しい処理を行わないと二次感染に及ぶ恐れもあります。
適切な処理方法を行って二次感染予防をしましょう。

処理する方は、使い捨てで密閉性の高いマスク、服を覆うエプロンなどや、
手袋、ヘアキャップ、ゴーグルなどを身に付けて、
次亜塩素酸ナトリウムに浸したペーパータオルで静かに汚物を拭き取り、
袋に入れて密閉しましょう。

衣類の場合は汚物を拭き取った後、
塩素系消毒液に浸して消毒してからよくすすぎ、
作業中にしぶきを吸いこまないように注意しましょう。
最後に作業した場所やタライ等の消毒をして、
作業後は念入りな手洗いを忘れずに行ってください。

 
◆健康管理
特に調理をする人や食品を扱う職業の人は、
健康管理に気を配りましょう。

普段から手洗いや消毒を心がけ、
感染予防につとめてください。
ノロウイルスの症状(下痢、嘔吐、発熱、頭痛、腹痛など)が起こった場合は、
周囲に二次感染させないよう、家族への配慮、
職場へ連絡して指示に従うなど適切な行動を取りましょう。

 

初期症状として発熱や頭痛だけの場合もありますが、
「嘔吐や下痢はないし、ただの風邪だろう」と思いこんで、
あとから嘔吐や下痢症状が出ることもありますので、
流行時期にはノロウイルスの感染を疑ってみることも必要です。

 

また、中には感染しても免疫が強く、
全く症状が出ない人もいるので注意が必要です。
また、外出時はマスクを着用しましょう。
公共のトイレを使用するときは、
備え付けの便座クリーナーがあれば必ず使用して便座を除菌しましょう。
冬は携帯用の塩素系消毒液を持っているとよいでしょう。

 

◆調理時の加熱
症状はなくてもウイルス保持者が調理をしたものを食べれば感染しやすくなります。
予防の面からすると、冬はなるべく加熱した料理を食べたほうがよいと言えます。
加熱調理時間は、食品の中心が75度になってから1分以上が適切と言われています。

 

牡蠣などの二枚貝はノロウイルスに汚染されている可能性があるので、
85~90度で90秒以上加熱し、滅菌しましょう。

生食する野菜なども一度熱を通してから食べると安心を言えるでしょう。

 

 
胃がん危険度チェック表
大腸がん危険度チェック表
☆内視鏡検査

 

 
みなさまが健康にすごせますように。。。

ノロウイルスの予防と対策①

2017-01-11

みなさまこんにちは!
今日はノロウイルスの予防と対策第一弾をお届けいたします。

 

 

冬に流行る病気
秋に流行るRSウイルス
RSウイルスの感染経路と潜伏期間
RSウイルスの症状は?
RSウイルス感染症の予防
秋から流行るインフルエンザの特徴と注意点
インフルエンザの予防法
冬に流行るノロウイルス
ノロウイルスの流行時期はなぜ冬なのか

 
◆手洗いを徹底する
ノロウイルスの流行時期である冬季は、
徹底した手洗いが感染予防の基本となります。

ノロウイルスはとても小さなウイルスで、
簡単な手洗いでは落としきれず、
手のシワに入りこんでしまう可能性がありますので、
念入りに手洗いを2回行うことが有効となります。

手首、親指、指先、爪の間などは手洗いが不十分になりやすいので、
しっかり石けんで洗うようにしましょう。

特に、トイレから出たあとや調理をする前などは徹底すると良いと言えます。

 

 

◆ウイルスの除菌
ノロウイルスには85度以上で1分以上の加熱と、
塩素系の薬剤での消毒が有効と言えます。
ノロウイルスの流行時期には、
常に除菌を習慣づけましょう。
家の中では家族が触れる共用部分、
公共の場ではあらゆる箇所にウイルス付着の可能性があります。
気を付けたい箇所をいくつかピックアップしてみました。
・トイレ(便座、ふた、水洗レバー、ペーパーホルダー)
・ドアノブ
・手摺り(階段やエスカレーターなど)
・テーブル
・いす
・取っ手(冷蔵庫など)
・蛇口、シンク
・調理器具(包丁やまな板)
・日用品(家族で共有するものは特に)

 
特にトイレの便座から検出されたノロウイルス数が最も多かったというデータもあるため、
日頃からこまめに消毒しておくと効果的と言えます。

 

 

胃がん危険度チェック表
大腸がん危険度チェック表
☆内視鏡検査

 

 
みなさまが健康にすごせますように。。。

ノロウイルスの流行時期はなぜ冬なのか?

2017-01-05

みなさまこんにちは。

 

今日はノロウイルスがなぜ冬に流行るのか、がテーマです。

 

冬に流行る病気
秋に流行るRSウイルス
RSウイルスの感染経路と潜伏期間
RSウイルスの症状は?
RSウイルス感染症の予防
秋から流行るインフルエンザの特徴と注意点
インフルエンザの予防法
冬に流行るノロウイルス

 

ノロウイルスは10月~11月頃から発生件数が増え、
12~1月に流行のピークを迎えます。
では、他の食中毒と違って秋~冬に流行する原因は一体何なのでしょうか?

 

食中毒を引き起こす細菌のほとんどは、
食品の中で増殖します。
しかし、ノロウイルスは人の十二指腸や小腸などでしか増殖しないという特徴があります。
ノロウイルス患者の嘔吐物や便が人の手などを介して、
物や食品に触れ、
人の口に入ってしまうことが発症の原因となっています。
また、冬の寒さによって人の体温は下がり免疫機能も下がるので、
ウイルスに感染しやすい状態になっていることも、
冬にノロウイルスが流行時期を迎えるひとつの理由と言えます。

 

ノロウイルスの原因として、
冬季に旬を迎える牡蠣が関わっているケースもあります。
しかし、牡蠣そのものがノロウイルスを持っているわけではなく、
原因は海水にあると考えられています。
牡蠣などの二枚貝は海水を体内に吸い込み、
エサとなるプランクトンやウイルスを内臓に蓄積して、
海水だけを吐き出しているのですが、
私たちが日々排出している下水が処理しきれず、
海水にわずかなウイルスが流れていき、
そこにノロウイルスが含まれていれば、
二枚貝の内臓に蓄積されてしまいます。
アサリやシジミなど加熱して食べる二枚貝は問題ないのですが、
秋から冬が旬の牡蠣は生食されることが多いことも、
ノロウイルスが冬に流行する原因となります。

 

ノロウイルスを保持している人の排泄物から人を介して、
いつどこで感染するかわからないノロウイルスは、
1年中発生しているということを頭に入れておきましょう。
秋~冬は気温が下がり、ノロウイルスが生息しやすい環境です。
最も患者数が増える12月~1月はもちろんのこと、
2月頃には患者数が落ち着いてきますが、油断は禁物と言えます。

 

 

胃がん危険度チェック表
大腸がん危険度チェック表
☆内視鏡検査

 

 

 

みなさまが健康にすごせますように。。。

冬に流行るノロウイルス

2016-12-22

みなさまこんにちは!

 

今日から冬に流行るノロウイルスについてお届けいたします。

 

冬に流行る病気
秋に流行るRSウイルス
RSウイルスの感染経路と潜伏期間
RSウイルスの症状は?
RSウイルス感染症の予防
秋から流行るインフルエンザの特徴と注意点
インフルエンザの予防法

 
ノロウイルスは食中毒のひとつです。
ノロウイルスはウイルスによって引き起こされる胃腸炎で、
熱が出た後、嘔吐や下痢といった症状があらわれます。
重症になれば、一日中吐いているということもある恐ろしい病気です。
感染者の吐瀉物や便に含まれる
ウイルスに接触することで感染してしまうので、
処理には細心の注意を払いましょう。
特に下痢や嘔吐のせいで脱水症状になりやすい病気なので、
水分補給をこまめに取ることが大切です。

 
◆ノロウイルスの症状は?
→ ノロウイルスの主な症状は、
嘔吐、下痢、発熱、腹痛、胃痛、頭痛などがあり、
ピークとなるのは1~3日程と言われています。
症状には個人差があり、
体力があって免疫の強い人は感染しても発症せずに済むケースや、
軽い風邪のような症状で終わる人もいます。
しかし、体力のない子供や高齢者は症状が重くなる場合があり、
脱水に注意する必要があります。

 

◆潜伏期間は?
→ ノロウイルスに感染し、
発症するまでの潜伏期間は
平均して24~48時間ですが、
早い人だと感染してから
6~10時間程で発症する人もいます。
潜伏期間であっても、
体内にウイルスが存在することに変わりはないので、
人に感染させる可能性は十分にあります。

 

◆感染経路は?
→人からの感染
・患者の嘔吐物や便に汚染されたものに触れることで、人を介して感染します。
・患者が使用した食器や調理器具などの消毒が不十分で感染します。
・床やカーペット等に除去しれきれなかった嘔吐物や便が乾燥して舞い上がり、
吸い込むことで感染します。

→食品からの感染
・感染者が調理・配膳した食品を食べて感染します。
・食品取扱者を介して食品にウイルスが付着します。
・ノロウイルスに汚染された二枚貝を加熱不十分な状態で食べての感染。
・ノロウイルスに汚染された井戸水や飲料を消毒不十分で飲んでの感染。

 

 

感染経路となるものに注意することが必要ですね。

 
胃がん危険度チェック表
大腸がん危険度チェック表
☆内視鏡検査
インフルエンザ予防接種について

 
みなさまが健康にすごせますように。。。

« Older Entries Newer Entries »
Copyright© 村上胃腸内科クリニック|愛媛県松山市 All Rights Reserved.